たるみの治療法サーマクールの特徴と効果

  • 未分類

皮膚がたるむのは、真皮層のコラーゲンが減少しているためですが、サーマクールはコラーゲンの生成能力を高める効果があります。人体は、皮膚の深部にコラーゲンを作る機能を備えています。コラーゲンが不足していなければ、肌の弾力は維持され、しわもできません。コラーゲンは加齢や紫外線などの影響によって減少することで、ハリが低下をしてたるみが生まれてしまうのです。高周波の熱を皮膚に当てるサーマクールは、表皮を通過して真皮の奥にある、コラーゲンを作っている部位にまで届きます。メスで皮膚を切開せずとも、サーマクールなら皮膚のたるみを引き締めることが可能です。バイブレーション機能と、冷却機能という作用を持っているために、サーマクールは痛みの少ない施術を実現しています。一定の振動をかけると、痛みよりも振動のほうを人の脳は拾い上げることから、痛みを軽減する効果があります。サーマクール施術を施した後は、肌の赤みや腫れはそれほど多くないので、ダウンタイムは長くありません。入院する必要がないため、忙しくて時間がない方でも治療を受けやすくなっています。顔の輪郭をシャープにするためにサーマクールを利用する人もいますし、目の上や下のたるみを解消したい人からも人気です。肌の新陳代謝を促進する効果もあるので、しみやくすみ、にきびを目立たなくする効果も期待できます。加齢などで皮膚のたるみを気にするようになったら、サーマクールで肌の弾力を回復させ、引き締めるようにするといいでしょう。不用品回収

メニューを閉じる